年金のこと、なんでもご相談ください

年金担当者打ち合わせ風景【年金おまかせサポート】は、あなたの大切な年金のお手続きをしっかりサポート致します。

<まかせて安心のポイント>

○ご相談、お手続は、国家資格を有する「社会保険労務士」が責任をもって行います。

初回の電話相談は無料にて承ります。

○対応エリア内であれば、ご訪問によりお話をうかがい、その後のお手続きまですべてをお任せいただけます。

 

こんなことでお困りではありませんか?

  • 年金制度が難しい
  • 必要な資料がどれかわからない/なくしてしまった
  • 役所に行く時間がない

まずはお気軽にご連絡ください!

 

 【年金おまかせサポート】

運営者:社会保険労務士法人ハーモニー

電話:043-273-5980

FAX:043-273-6851

メール:nenkin@sr-harmony.jp

個人情報保護方針

DVによる別居も遺族年金がもらえるようになりました

夫の死後、妻子が遺族年金を受け取ることができない…

そのような事例が全国的に多発していました。

 

DV被害を受けた妻や子は、夫の暴力から逃れるために避難し、転居先を秘密にしたまま、相手に生活費の支払いを求めることもできず、困難な生活を送ります。

やがて夫が亡くなった時に、妻子に遺族年金が支給されるかというと、そうはいきませんでした。

なぜなら、遺族年金は、亡くなった方によって『死亡当時に生計を維持されている』ことが要件だからです。

 

以前ご依頼いただいた方が、まさにこの状況でした。

その案件では、妻が、夫の言動が改善すれば別居を解消しようと思っていたことや、夫の葬儀の喪主を務めたことなどが証拠として認められ、遺族年金を受給することができました。

警察や公共機関にDV相談に行ったことの記録や、離婚の意思が無かったことの確認など、ありとあらゆる証拠の提出を求められ、粘り強く対応した結果でした。

 

しかし別のDV案件では、長期間苦しい生活を強いられたにもかかわらず、生計維持関係が無かった期間が長すぎると判断され、支給決定が下りなかったケースもありました。

「夫なしで長期間生活できたということは、一人で生計が立てられたということ、つまり遺族年金は不必要である」といわんばかりの判断は、望まぬ苦境を乗り越えた母子に対し、あまりにも厳しかったと今もなお思います。

 

今回、厚生労働省から日本年金機構へ、DV等のやむを得ない事情の別居は、支給対象にするようにと指示がだされました。一人でも多くの方が救済されることを願います。

思い当たる方はぜひ、ハーモニーにご相談ください。

>>このページのトップへ

 

お客さまの声

ご依頼をいただいた方からのお声をご紹介します

 

●スイス女性が日本人と結婚後離婚したが、スイスで老齢年金を受給できた例(60代 女性 スイス在住)

…昔日本男性と結婚されて日本に居住していたが、離婚し、

続きを読む

●DVで永年別居していた妻が遺族年金を受給出来ました(60代 女性)

…DVに遭ったため別居していた夫が突然亡くなりました。

続きを読む

●旦那様の遺族厚生年金のお手続き および未手続き年金の遡及手続 80代 女性 千葉県

…夫が亡くなった際、葬儀社の方から遺族年金のことを聞かされ、ここに任せれば安心だと紹介されて依頼しました。

>>続きを読む

お父様からお母様への遺族厚生年金のお手続き および付随する諸手続き50代 男性 千葉県)

…年金受給者だった父が亡くなったのですが、必要な手続きなどが全くわからなかったので、思い切ってご相談しました。

>>続きを読む

●ご子息の精神障害に関する障害基礎年金のお手続き【事後重症により認定】70代 女性 千葉県)

…息子は現在43歳。十数年前に統合失調症を発症しました。

数年前に障害年金のことを聞き、市役所に相談に行きましたが、受給資格はないと言われあきらめていました。

>>続きを読む

お兄様の身体障害に関する障害厚生年金のお手続き【肢体の障害および嚥下障害の併合認定】50代 女性 千葉県)

…元気だった兄が脳梗塞で突然入院し、生活全般に介助が必要な状態になりました。

>>続きを読む

DVによる別居も遺族年金がもらえるようになりました

夫の死後、妻子が遺族年金を受け取ることができない…

続きを読む

>>このページのトップへ